トップページ >  > ビタミンCの推奨摂取量を食品で

ビタミンCの推奨摂取量はこのくらい

ビタミンCといえば、体の中でさまざまな重要な役割を果たしています。厚生労働省が下記のような摂取量を推奨している体に必要な栄養素です。


# 厚生労働省が推奨するビタミンCの摂取量(1日あたり)
成人男性=100mg | 成人女性=100mg
1-9才男子=40-65mg | 女子=40-65mg
10-19才男子=80-100mg | 女子=80-100mg


男女での差はありません。上記数値が目安となります。
※量の単位は、mg(ミリグラム)


いっぽう、日本人のビタミンA摂取状況は
平成21年の国民健康・栄養調査では、男性では平均113mg、女性では平均127mgの摂取量で、よく摂取できている方が多いようです。しかしながら喫煙者は非喫煙者に比べてビタミンCの代謝回転が約35mg多いとされていますので、喫煙をされる方はビタミンCが足りないこともあります。本当は禁煙をオススメしたいところですが…

ビタミンCを食品で摂取するならば

ビタミンCが豊富な食品・食材といえば、レモンやオレンジなど柑橘類、ピーマン、モロヘイヤ、ベーコンなどがあげられるでしょう。


各食品のビタミンAの量を記載してみます。※100g中
# レモン・・・・・100mg 100gは大きめサイズ丸一個分くらい
# 赤ピーマン・・・170mg 100gは中サイズ3-4個くらい
# ベーコン・・・・35mg 100gはトロベーコン(ブロック)の約半分


野菜や果物をしっかり食べていると、ビタミンCはあまり不足しないですみそうです。ただ喫煙者さんは少々お気をつけてください。また風邪などで体調がすぐれないときも多めに摂取したほうがいいでしょう。


喫煙者で野菜や果物不足の方は、サプリメントでの栄養補助も検討されるといいでしょう。

ビタミン補助サプリ # サントリーマルチビタミンについて