トップページ >  > ビタミンAの推奨摂取量を食品で

ビタミンAの推奨摂取量はこのくらい

ビタミンAといえば、代表的な脂溶性ビタミン。厚生労働省は下記のような摂取量を推奨しています。体に必要な栄養素です。


# 厚生労働省が推奨するビタミンAの摂取量(1日あたり)
成人男性=800-850μgRE | 成人女性=650-700μgRE
1-9才男子=400-500μgRE | 女子=350-500μgRE
10-19才男子=600-900μgRE | 女子=550-700μgRE


身長体重などによって多少の差違はあっても、上記数値が目安となります。
※ビタミンAはレチノール当量(μgRE)


いっぽう、日本人のビタミンA摂取状況は
平成21年の国民健康・栄養調査では、男性では平均551μgRE、女性では平均522μgREの摂取量で、やや足りていない傾向にあります。

ビタミンAを食品で摂取するならば

ビタミンAが豊富な食品・食材といえば、にんじんなど緑黄色野菜、うなぎ、レバー、チーズ、卵などがあげられるでしょう。


各食品のビタミンAの量を記載してみます。※100g中
# にんじん・・・・・・・・835μg  100gは中サイズの1/2くらい
# うなぎ(かば焼き)・・・1,500μg 100gは小サイズもしくは特大サイズの半分ほど
# チーズ(プロセス)・・・260μg  雪印6pチーズなら5pで100g


こうみてみますと、にんじんなどの緑黄色野菜でビタミンAの摂取を心掛ければ、あまり不足せずにうまく摂取できそうです。
一方、チーズだとカロリーと塩分が気になりますし、うなぎだとお値段が…


にんじんなどで問題なく摂取できるはずのビタミンAなのに、日本人はややビタミンA不足気味(成人男性で2割ほど足りない)です。

どうも問題点は、野菜嫌いの方がビタミンAの摂取平均値を大きく下げているということのようです。要するに野菜嫌いの方が極端にビタミンA不足に陥っている可能性が高いという意味です。


野菜不足・野菜嫌いという自覚のある方は、サプリメントでの栄養補助も検討されるといいでしょう。

ビタミン補助サプリ # サントリーマルチビタミンについて