トップページ >  > DHAを食品から摂るには

DHAの目安量は

DHAといえば、不飽和脂肪酸のひとつで、日本人は元々魚類を多く食べていたので摂取量が多かったのですが近年急激に摂取量が減っています。たしかに年々魚を食べる機会は減っているように思います。


# 厚生労働省の食事摂取基準によると
性別・年齢に応じて目安量が設定されています。



日本人のDHA摂取状況は、下記のようになっています。

30-49才 男性:0.325g 女性:0.226g
50-69才 男性:0.731g 女性:0.585g
70歳以上 男性:0.775g 女性:0.596g

比較的魚を食べている世代である50代以上の方でさえ約半数の方が1g未満しか摂取していません。となるとお魚が苦手な方などは長きに渡って慢性的に不足している可能性が高いでしょう。

DHAを食品で摂取するならば

DHAが豊富な食品・食材といえば、イワシやアジなどの青魚やマグロなどがあげられるでしょう。


各食品のDHAの量を記載してみます。※100g中
アジ開き焼き・・・・・・1158mg 100gは大きめサイズ丸一尾くらい
マイワシ焼き・・・・・・1060mg 100gは2尾くらい
(南)マグロ(トロ)・・1100mg 寿司で4-5貫


アジなどの青魚を毎日のように食べていればDHAはしっかり摂れそうです。しかし比較的DHAが多いマグロなどでも毎日4-5貫となると現実的はないように思います。


また、50歳以下の世代では国の推奨する摂取量の半分以下しかDHAを摂れていないことを考えると、サプリメントでの栄養補助も検討されるといいでしょう。